ひなたゼロカーボン2050

HINATA ZERO CARBON はじまる。

宮崎県は2050年温室効果ガス排出実質ゼロ(ゼロカーボン)を表明しました。

「ゼロカーボン」とは、日常生活や事業活動で排出される二酸化炭素(CO₂)などの温室効果ガスを
可能な限り削減し、それでも残るCO₂を森林等により吸収して排出量を実質ゼロとすること。

地球温暖化に起因する異常気象や気象災害が世界各地で頻発し、気候変動は今や人類共通の課題となっています。
この気候危機とも言える非常事態を突破し、かけがえのない美しい地球を守る。
そのキーワードが「ゼロカーボン」です。

ゼロカーボンの実現には、みなさんのご協力が不可欠です。
これ以上、地球温暖化が進まないよう、一人ひとりができることを実行してみませんか?

私達にできること

Acitvity

コンテンツ

Contents

Coming soon...